西日本最大級の園芸センターを持つ国華園オンラインショップ

【商品価格表示についてのおことわり】
一部、商品の販売価格変更に伴い、オンラインショップ内の表示価格の変更作業を行っております。
その為、ページ内の表示価格とご購入ページ内の価格が一部異なる場合がございます。
商品の正しい販売価格は、ご購入ページ内に表示しているものとなります。しばらくの間ご迷惑をおかけしますが、何卒ご了承くださますようお願い申し上げます。

商品カテゴリー

HOME> 防草シートについて知ろう

防草シートのメリット・デメリットについて


防草シート
ガーデニングや家庭菜園など植物を育てる際、必要になってくる農業資材として『防草シート』というものがあります。これは、除草剤を使用せずに長期間雑草を防除することができる方法です。除草剤を使いたくないという人は、一度市販されている防草シートを使ってみてはいかがでしょうか。

そこで今回は、防草シートがどういったものなのか、またメリット・デメリットとしてどんなことがあるのかをお話していきたいと思います。



防草シートってどんなもの?


防草シートとは
防草シートというのは、黒色の大きなビニールシートのようなものです。地面に敷いて使います。地面に敷くことによって、太陽光を遮断することができます。太陽光を遮断することで、植物を生えてこなくするというわけですね。

防草シートを敷く際に忘れてはいけないのが、雑草が生えていない時期に敷かなくてはならないということです。防草シートは、文字通り草を防ぐためのシートです。あらかじめ雑草を除去した上で敷くか、冬など雑草が生えていない時期に敷くようにしましょう。もし雑草が生えている場所に防草シートを敷くのであれば、除草剤で枯らすか、鎌などを使って草刈りをしてからにしましょう。




防草シートのメリットとデメリット


防草シートのメリット・デメリット
さて、次に防草シートのメリットとデメリットについてお話していきましょう。まずメリットとしては、長期間雑草が生えてくるのを抑制することができるという点です。何よりも一度敷いてしまえば、その後の手間が不要というのも大きなメリットと言えるでしょう。また冬場など雑草が生えていない時期であれば、あらかじめ除草や草刈りをする必要がないので簡単に設置することができます。

デメリットについては、まず景観があまり良くないということが挙げられます。綺麗なガーデニングを目指している人にとっては、景観的にデメリットを感じるかもしれません。またシートを敷いたとしても、隙間から雑草が生えてくることがあります。もちろん敷く前に雑草が生えているのであれば、しっかりと除草・草刈りなどをしておく必要があります。また耐用年数を超えれば、防草シートをゴミとして処分する手間が発生してしまいます。

ただ防草シートの隙間から雑草が生えてきた場合の対策方法があります。それは、防草シートを敷いたあと、その上から砂利を敷くという方法です。そうすることで、景観的にも綺麗に見せることができますし、防草シートと砂利という2段階対策によって、より高い防草効果を期待することができますよ。




防草シートを購入する際のポイント


防草シートのポイント
防草シートを購入する時は、まず防草シートを敷きたいと考えている場所の寸法を測っておくようにしましょう。防草シートは、幅・長さが何パターンか用意されています。敷く場所の大きさに合ったシートを購入するようにしましょう。長過ぎる分に関しては、切って調度良いサイズに整えれば大丈夫ですよ。

もう1つ、シートが風などで飛んでいかないように押さえておくピンが必要です。農業資材のマルチシートなどを止めるマルチおさえなどを使うと良いですよ。防草シートを購入する際は、忘れずにピンをセットで買うようにしてくださいね。また購入する際は、しっかりとどれくらいの耐用年数になっているのかチェックするようにしておきましょう。



商品一覧

関連コラム
園芸支柱について 防草シートについて 温室・保温グッズについて
鳥獣虫害対策グッズについて 園芸支柱とキュウリの育て方 防虫対策について
このページのtopへ