西日本最大級の園芸センターを持つ国華園オンラインショップ
ポイント5%還元201801122

※ポイントの獲得には、「国華園オンラインショップ」での 会員登録(無料)が必要です。 ※ポイントについて詳しくはこちらをご確認ください。


大人気商品
大人気商品
大人気商品
注文殺到中
新発売
セール中
 
注文殺到中
ネット限定
大人気商品
注文殺到中
新商品
大人気商品
かにポイント祭

商品カテゴリー

HOME> 園芸支柱を使ったキュウリの育て方を知ろう

園芸支柱を使ってキュウリを上手に育てよう!


今回ご紹介するのは、園芸支柱を使ったキュウリの上手な育て方についてです! キュウリといえば、ヘルシーでいろんな料理に使うことのできる野菜ですよね。ポテトサラダや酢の物、漬物など他にもさまざま。涼しげで冷たい料理にもぴったりなので、夏になるとよく食べるという人も多いのではないでしょうか?



キュウリ栽培に園芸支柱は欠かせない!


つる性植物
キュウリ栽培に支柱を使うというのは、一般的にも知られていることかもしれませんね。ちなみに昔の日本では、地べたに這わせるように栽培することもあったとか。しかしこの地這栽培では、キュウリが曲がりやすくなったり、形がいびつになってしまったり、地面に付いている部分が緑色にならなかったりといろんなデメリットがありました。

こういったこともあり現在では、支柱栽培もしくはアーチ栽培といった手法が一般化しました。支柱を使うことで形が良く色も綺麗なキュウリを家庭で栽培できるようになったのです。




支柱はどんな植物に使われる?


ゴーヤ
支柱は、つる性の植物や重い実をつける果菜類などに使われることが多いです。その中で、茎やつるを支柱に結びつけることで栽培していく手法を『誘引』と言います。誘引をすることによって、支柱のある方向へと茎やつるが伸びていくのです。キュウリなどもこの手法を用いることがほとんどです。




支柱を使ってキュウリを育てるメリットは?


たくさんのキュウリ
支柱を立ててキュウリを育てることで、直射日光に当たりやすくなります。植物を育てるためには、日光の存在が不可欠ですよね! もちろんそれだけではなく風通しを良くするという役割もあります。風通しが良くなると病害虫対策になるのでとても大切なこと。このように支柱を使ってキュウリを育てることには、さまざまなメリットがあるのです。

また支柱を使うことで得られるメリットは、上記のようなことだけではありません。狭いスペースで育てることができるので場所を取りません。それにスペースを節約することができればその分、収穫量を増やすことができるということにも繋がりますよね。収穫作業にかかる時間も短縮できるはずです。



支柱にもいろんな種類がある


支柱を使った栽培
今回支柱を使ったキュウリの育て方といった言い方をしましたが、支柱はキュウリ以外にも使うことがあります。つる性植物や重い実をつける果菜類を育てる場合には、大いに活用しましょう!

このような栽培で使用する支柱も、実はさまざまな種類があります。プラスチック製のものもあれば、金属製のものもありますよ。もちろん長さ・太さに関してもさまざま。育てたい野菜に合わせて購入する支柱を選ぶと良いです。

ちなみに竹製の支柱もありますが、風などの被害に遭いやすいので注意が必要です。そのため、プラスチック製や金属製の支柱を選ぶのが一般的となっています。




支柱の代役として使えるネット


グリーンカーテン
最近では、支柱の代役としてネットを使って育てるといった手法もあるようです。キュウリはもちろんゴーヤなど、ネットを使って育てるのも1つの手ですよ。ネットを使うメリットとしては、緑のカーテンができるということです。自然の日除けになりますし、目にも優しいグリーンで何とも涼しげなカーテンができあがりますよ。

キュウリ、ゴーヤなどの他にも、いんげん豆やえんどう豆の栽培にも、支柱やネットは必需品と言えます。比較的育てやすい野菜でもあるので、家庭菜園初心者の方でも始めやすいと言えるでしょう。こういった野菜を育てるという人は、支柱選びも忘れずに!




園芸支柱商品一覧
キュウリ商品一覧

関連コラム
園芸支柱について 防草シートについて 温室・保温グッズについて
鳥獣虫害対策グッズについて 園芸支柱とキュウリの育て方 防虫対策について
このページのtopへ