西日本最大級の園芸センターを持つ国華園オンラインショップ

商品カテゴリー

HOME> ずわいがにについて

【ずわいがに】今夜のお鍋はちょっと贅沢にかに鍋はいかが?



みなさん今年の冬は、かにを食べる予定はありますか? 今回は、おいしいずわいがにの選び方などについてお話していきたいと思います!

日本の冬の風物詩としては、いろんなものがありますが、食に関して言えばやはり『お鍋』ではないでしょうか? 寒くなると温かいお鍋を家族で囲んで食べたくなりますよね。そんなお鍋も、いろんな種類があって最近では『何鍋にしようかな~?』なんて考えるくらいレパートリーも増えました。

水炊きはもちろん、塩ちゃんこ鍋、キムチ鍋、豆乳鍋などなど、さまざまな種類がありますよね。どの鍋もおいしいですが、やはりおすすめは『かに鍋』です! プリプリで身がぎっしり詰まったかにをお腹いっぱいに食べたい! そんな人のために今回は、かにの定番『ずわいがに』の選び方や見分け方を中心にご紹介していきます!




おいしいかにの決め手は脱皮後の経過時間にある?


ズワイガニ
かには、成長の過程で脱皮をする生き物ですよね。脱皮をすることによって、どんどん大きく成長していきます。それまでの堅い殻を一生懸命脱ぎ捨てるので、すごく体力を使うそうですよ。

しかも脱皮直後の殻は、柔らかく敵にも狙われやすいとか。何より身も痩せていますし、スカスカなんだとか。ただ脱皮から時間が経つと少しずつ身が詰まっていきます。ですから脱皮からどのくらいの時間が経過しているのかということは、おいしいかにを選ぶ上で欠かせないことなんですね!




おいしいかには腹が褐色になっている!


焼きズワイガニ
みなさん、かにと聞いて何色を思い浮かべますか? きっとほとんどの人は赤色だと思います。ところがひっくり返して腹を見てみると、白っぽい色をしているんですね。実は、この腹の色もおいしいずわいがにを選ぶポイントの1つなんですよ。

脱皮したばかりのずわいがにというのは、腹が白くなっています。白い方が何となく見映えも良いですし、美味しそうに感じる人もいるかもしれませんね。ところが実際は、そうではないのです。おいしいズワイガニは、腹の色が褐色気味になっているんですよ。




おいしいかには殻が堅い!


並べられたずわいがに
上でもお話しましたが、脱皮したてのかには殻が柔らかいです。脱皮から時間が経っているかにに関しては、殻がしっかりと堅くなっているということになります。

よく堅蟹なんて言いますが、これは殻がじゅうぶんに堅くなっている蟹のことを言います。当然、脱皮から時間が経っているということは、身入りが良いということでとてもおいしいです。




おいしいかにはずっしり重い!


紅ズワイガニ
おいしいかにはずっしり重い、これに関しては理由が単純明快です。重いということは、身がぎっしり詰まっているということだからです。硬くて重いというのは、おいしいかにの絶対条件と言っても過言ではありません。

身がぎっしり詰まっているかには、食べ応えもかなりありますし、お腹いっぱいになること間違いなしです。何kgなのかといったことにも目を向けて購入してみてください。

ちなみに店舗で購入する場合は、かにを触られるのがイヤなお店もあるようです。堅さや重さを確認する際は、注意してくださいね!




おいしいかには爪が大きい!


ずわいがにの爪
かにの特徴と言えば、何と言ってもあの爪ですよね。あるいは、はさみと言うこともあるでしょうか。アレに挟まれるととても痛いです……。

実は、この爪が大きいかには、食べ頃でおいしいかになんですよ。かにの爪が大きいのは、成長しきった証拠。つまりこれ以上脱皮することがなく、身がぎっしり詰まっているということです。




おいしいかにはカニビルが付いている!


ずわいがになどの海産物
かにの甲羅に黒いツブツブが付いているのを見たことがありますか? キャビアのような見た目ですが、残念ながらあれはカニビルと言われるヒルの仲間です。魚などに寄生して血を吸います。

ただカニには悪さをしません。ずわいがにの甲羅に付くことで、移動手段に使っているんだそう。カニビルにとってずわいがには、『かにバス』ということですね。そう考えると、何だか可愛いイメージをしてしまいます。

話は戻りますが、なぜカニビルがたくさん付いているとおいしいのでしょう。勘の良いみなさんならお分かりですよね? そうカニビルがたくさん付いている=脱皮後の経過時間が長いということです。ある意味、ずわいがにの美味しさ指数を図るバロメーターとも言えます。ちなみにカニビルは、茹でるとほとんど取れるので手で取るなんて必要もありません。

みなさんも今年の冬は、おいしいずわいがにでかに鍋をしませんか? もちろん国華園でもおいしいずわいがにをたくさん用意しています! ぜひご注文ください。




かに・海産物販売ページ
ずわいがに商品一覧

関連コラム
美味しいずわいがにの見分け方    
このページのtopへ