西日本最大級の園芸センターを持つ国華園オンラインショップ

【商品価格表示についてのおことわり】
一部、商品の販売価格変更に伴い、オンラインショップ内の表示価格の変更作業を行っております。
その為、ページ内の表示価格とご購入ページ内の価格が一部異なる場合がございます。
商品の正しい販売価格は、ご購入ページ内に表示しているものとなります。しばらくの間ご迷惑をおかけしますが、何卒ご了承くださますようお願い申し上げます。

商品カテゴリー

HOME> ミスターブライト比較

ミスターブライトか類似品か?メリット・デメリットを比較!


玄関灯 あなたの自宅では、どのような防犯対策を行っていますか?
自宅警備会社などに依頼をすれば家の守りは万全なのかも知れませんが、高額な費用がかかることも珍しくないので、家庭の予算に合わないことも珍しくありません。
防犯対策には継続性が必要となりますので、家庭の予算に見合った対策を続けることが重要です。

今回は、予算を抑えつつも効果的な人感センサーライトを使った防犯対策についてご紹介したいと思います。

センサーライトで防犯対策

人感センサーライトとは、簡単に言うと動く物体や物体の 熱量を検知し、一定の時間オートでライトを点灯させる仕組みを持つ防犯照明ライトです。

泥棒など侵入者にとっては、誰にも気づかれないように短時間で家屋に浸入することで侵入率をアップさせているので、急なライトの点灯が起こると、動揺が起こり侵入作業の手を止め侵入を予防する効果がありますし、人気のないところに設置することで周囲に泥棒の存在を気づかせるきっかけにもなり得ます。

人感センサーライトについては、各社様々な商品を販売しておりますが、今回はその中でもミスターブライトというセンサーライトについてご紹介したいと思います。

このミスターブライトは、粘着テープで簡単設置が可能となっており、壁面に対する工事は不要です。
製品にLEDのセンサーライトを採用することで、太陽光により充電を行うため電源コンセントが不要となり、電気代もかからず家計に優しい設計がなされています。

ミスターブライトは工事も不要で電源コンセントも不要なことから、商品が届き次第すぐにライトを設置することが出来るので思い立ったその日に防犯対策を行うことができます。
ミスターブライトは、日が暮れると辺りが暗くなったことを検知し、自動で充電モードからソフトライトの点灯へと切り替わりるので、照明機器のない場所でも明かりを点灯させることが出来る上に、モーションセンサーと呼ばれる人の動きに反応するセンサーを搭載することで、空き巣などの侵入者が検知範囲に入るとソフトライトから光の強いブライトライトへと自動で切り替わる機能が備わっています。
侵入者に対して急にライトが明るく点灯することから防犯に高い効果を見込むことが出来る照明機器なのです。

防犯対策としての役割

ミスターブライトを始めとする人感センサーにはたくさんの類似品があります。
消費者の立場としては、「同じような商品であれば安いに越したことは無い」のですが、これらの類似品を選ぶ事にメリット・デメリットはあるのでしょうか?

ここからはミスターブライトとその類似品に対するメリット・デメリットについてご紹介します。
類似品の一つに「ソーラーセンサーライト・パッと照らすくん」という商品があります。こちらはミスターブライト同様に暗くなると自動でライトが点灯する仕組みが搭載されており、太陽の光で充電を行うソーラー充電システムも同様の内容となります。

防犯面においても、動態検知(モーションセンサー)を利用して人の動きを検知する事でライトの明かりが強くなることから、ライトの仕組みについては全く差がありません。
この2つの商品に差があるとするならば、壁面への接着がミスターブライトは粘着テープなのに対し、 パッと照らすくんは設置用ネジ・アンカーがあるということでしょうか。

一見この差はデメリットのように見えますが、屋外での設置を検討した場合、粘着テープだと劣化の速度に読めない部分があるため、個人的にはネジで設置を行うほうが安心ではないかと思います。

ミスターブライトとパッと照らすくん には設置方法以外にライトの仕組自体に差はないものの、ミスターブライトが1個5980円という料金に対し、パッと照らすくん は2個で1980円という価格差があります。
これら2つの商品は、防犯対策としてどちらも遜色ない役割を果たす商品です。メリット・デメリットに大きな差がないようであれば消費者としては価格が大きな決め手となるのではないでしょうか。
商品一覧

関連コラム
太陽光蓄電の屋外照明 センサーライトの使い方! 防犯カメラ設置ガイド
ドラレコおすすめガイド スマホグッズガイド LEDメリットガイド
イルミネーションの選び方    
このページのtopへ