西日本最大級の園芸センターを持つ国華園オンラインショップ
在庫一掃セールタイトル

商品カテゴリー

HOME> 食用カメリナオイル

加熱調理ができるオメガ9系のカメリナオイルとは?


カメリナ畑
このオイルは、ホホバオイルとオリーブオイルに並ぶ、世界の3大オイルとして知られているオイルです。
カメリナオイルは美容ケアとして知られていることも多いのですが、食用としても優れたオイルです。
加熱調理に強いカメリナオイルは、天ぷらなどの揚げ物をカラっとあげてくれるだけでなく、口から摂取する事でその効能を補給することも可能なのです。

カメリナオイルは食用としても優れている

シャンプーを始めとするボディケア用品に使われていることも多いカメリナオイル(椿オイル)は髪や肌に良いだけではなく、食用としても体に良いオイルだという事をあなたはご存知でしょうか?

カメリナオイルは、世界の三大オイルの一つとされており、ホホバオイルとオリーブオイルと共に、世界の3大オイルとして広く知られているオイルです。
日本では、平安時代から美容オイルとして使われてきた歴史があり、日本人特有のキレイな黒髪を保つために使われました。美容やケア用品として認知度の高いこのカメリナオイルですが、実は食べることも可能なんです。

カメリナオイルにはオレイン酸という不飽和脂肪酸の一つの成分を多く持っているオイルです。
不飽和脂肪酸は、体内でエネルギー源となる成分で、体の細胞にとってとても大切な成分です。
オレイン酸の主な免疫力効果には、現代人の悩みのタネとなる生活習慣病の予防やコレステロール値を下げる効果に期待が出来、動脈硬化や心疾患の予防効果などがあります。

またカメリナオイルはオレイン酸の含有量が75%以上と多いため、「不乾性油という蒸発しにくい油に分けられます。 油が蒸発しにくいということは、耐熱性に優れている油ということであり、高温加熱料理に向いている油ということなのです。
天ぷらなどの揚げ物の加熱調理にカメリナオイルを使用した場合、不乾性油という油の性質上クセがなくカラッとあがるため、胃にもたれるようなこともなく、色々な素材との相性も良いため、幅広いお料理に使いやすいオイルです・
加熱調理にカメリナオイルを使用すると、素材や料理のうま味を増すことも出来ますし、体に良い成分も摂れるので、一石二鳥なオイルだと言えます。

カメリナオイルの効果・効能について

椿オイルはオレイン酸という不飽和脂肪酸を多く持つことから、人の体にとって様々な良い効果が期待できるオイルです。
加熱調理されたカメリナオイルは、口から摂取することで有用成分を体に補給することが可能となります。
カメリナオイルには肌を守ってくれる成分が豊富なため、皮膚の保湿効果や保護効果に優れています。
その一例としては、ニキビの予防や日焼け止めの予防などに効果が期待できます。

また、カメリナオイルには肌を柔らかくする作用にも優れているとされており、ます。角質を取り除いたり、ターンオーバーを正常化を促す効果もあります。

カメリナオイルを摂取する際に注意しておきたいことは、カメリナオイルに含まれているオレイン酸には、肌の保護や生活習慣病の予防など以外にも、お通じをよくする効果があるとされています。
人によってはお腹がゆるくなる可能性もあるので、ご自身の体に合わせながら摂取を心がけましょう!

カメリナオイルの保存について

加熱調理ができるカメリナオイルは、そのままドレッシングとしても利用することが出来ます。
オリーブオイルのようにサラダやパンにかけて食べることも出来ますので、誰でも手軽に食生活に取り入れやすい食品です。
カメリアオイルは酸化しにくい性質を持つオイルですが、永久に品質の低下が起こらないという訳ではありません。 カメリナオイルを保管する際には、オイルの品質の下がらないよう、直射日光や高温多湿な場所を避けて冷暗所で保存をすることをおススメします。
また、あまりに気温が低い環境で保存するとオイルが白くにごることがありますので、常温で保管することもポイントです。
カメリナオイル販売ページへ
健康オイル商品一覧

関連コラム
食用カメリナオイル カメリナオイルの魅力 話題沸騰中のえごま油について
芸能人愛用ココナッツオイル 亜麻仁油について知ろう ホワイトチアシードについて
マヌカハニーについて 十六穀米について知ろう オリーブオイルについて
このページのtopへ