西日本最大級の園芸センターを持つ国華園オンラインショップ
大人気商品
ネット限定
大人気商品
注文殺到中
新発売
注文殺到中
 
注文殺到中
ネット限定
大人気商品
注文殺到中
新商品
大人気商品

商品カテゴリー

HOME> ホワイトチアシードについて

【チアシード】新登場ホワイトチアシード!



ホワイトチアシードとは、従来の黒いチアシードにも混ざっている、白色の種子を何年もの長い年月をかけて選抜したものです。黒いチアシードより、さらに高い栄養価を誇るといわれています!




黒より白が凄い!10年かけて改良したスーパーフード


ホワイトチアシード
通常のチアシードは黒色。その中に栄養価の高い白いたねが混じっていました。その白いチアシードだけを選別し、10年以上かけて改良されたのがこのホワイトチアシードです。




チアシードに含まれる栄養成分


チアシードの栄養成分
・たんぱく質
・8種類の必須アミノ酸(イソロイシン、ロイシン、リジン、バリン、メチオニン、フェニルアラニン、トレオニン、トリプトファン)
・食物繊維(水溶性・不溶性)
・オメガ3【αリノレン酸】(サーモンの8倍)
・ビタミン(ビタミンB群・ナイアシン)
・カルシウム(牛乳の6倍)
・ミネラル
・リン(牛乳の11倍)
・鉄分(ほうれん草の3倍)
・カリウム(牛乳の4倍)
・マグネシウム(ブロッコリーの5倍)
・亜鉛(アーモンドの1.4倍)




チアシードと水があれば足りる


チアシードを混ぜる水
チアシードの原産地は、メキシコ中西部からグアテマラ北部の山岳地帯です。古代から先住民族が食してきた栄養の宝庫で、アマランサス、豆、とうもろこしと同様に重要な栄養源とされていました。

メキシコやペルーなどの中南米で、毎日の主食として紀元前1000年前くらいから食べられてたものです。栄養価がとても豊富なので、アステカの昔の人々の間では、大さじ1杯のチアシードで1日生きながらえれると言われていたそうです。“チアシード”は大昔から食べられていた歴史ある食べ物なんです。




まるで魔法のようにどんどん膨らむチアシード!


水で膨らむ前のチアシード
ホワイトチアシードと黒いチアシードとの大きな違いはその膨満率です。チアシードは水を吸収して膨潤しますが、通常のチアシードの膨張率が8~10倍なのに対して、ホワイトチアシードの膨張率は10~14倍です。

さらに、どんどん膨らんでぷるぷるがスゴい!
こちらは乾いた状態のサラサラのチアシード。お水をそそいで数分経つと……。最大14倍にも膨らんで、お腹の中でも満足感長続き!これがホワイトチアシード最大の特徴です!

人の体内では生成することができない必須脂肪酸、オメガ3脂肪酸や、食物繊維などの様々な栄養素をたっぷり含みます。さらに、ジェル状の成分はダイエットにおける強い味方、こんにゃくにも含まれるグルコマンナンという食物繊維。少量で満腹感が得られ栄養価が高いことから、ダイエットや美容に良いと注目されているのです。栄養価も豊富なので、ダイエットしたい方はもちろん、健康で美しくありたい女性に今大注目されているスーパーフードです。




ホワイトチアシードの栄養素を主な食品に置き換えると


ホワイトチアシードと他食品の栄養素
・オメガ3脂肪酸 : サーモンの8倍
・カルシウム : 牛乳の6倍
・鉄分 : ほうれん草の3倍
・マグネシウム : ブロッコリーの5倍
・食物繊維 : オーツ麦の3倍
・カリウム : バナナの2倍




食事やデザート感覚で食べられる!


ホワイトチアシードで食事
チアシードは無味無臭なので、基本的にどんなお料理、スイーツやドリンクにも合います。色んなレシピに試してみたいものですね!

◇◇かける◇◇
サラダの上からそのままぱらぱら降りかけて。たっぷりの水分と一緒に摂りましょう。

◇◇まぜる◇◇
とっても簡単にできちゃう!いつものスムージーに混ぜるだけで栄養素と満足感をプラス!

◇◇焼く◇◇
水やミルクで膨らんだチアシードを生地に混ぜ込んで焼けば、ふっくらもっちりパンケーキに。




水と混ぜてチアジェルで食べる場合


チアジェルで食べる
★材料★
チアシード、水

★作り方★
1. 9:1の割合で、水(9)とチアシード(1)を混ぜる。
2. 容器に水を入れ、少しずつチアシードを加えて混ぜる。
3. 2~3分おいてから、再びかき混ぜて、最後に10分ほどおく。

これで完成です。

固めの食感が好きな方は約10分間、プルプル食感を楽しみたい方は約1時間、ゼリーのようなしっかりした食感を楽しみたい方は1晩を目安にお水で戻してください。ポイントは、チアシードは必ず水で戻すこと。40度以上のお湯で戻すと、せっかくの栄養成分が壊れて流れ出てしまいます。




そのままで食べる場合


チアシードをそのまま
毎日の食事やおやつのレシピに加えて、食感をお楽しみください。
・ヨーグルトに混ぜて食べる
・ジュースやスムージーに混ぜて飲む(バナナジュースや、ちょっととろみのあるジュースが美味しくできます)
・新鮮野菜サラダなどにふりかける(たっぷりの水分と一緒に摂りましょう)




保存について


チアシードの保存
一般的にジッパー式の袋に入ったものが多いですが、開封後は密閉性の高い容器に入れておくことをおすすめします。また、光に当てるのもよくないので、暗冷所で保管するようにしましょう。また、チアジェル(水を含ませたもの)は、密封容器に入れ冷蔵庫で保存すれば、約2週間保存できます。




摂取量について


チアシードの摂取量
チアシードの1日の摂取基準量は10g程度(大さじ軽く1杯程度)です。※食べ過ぎにはご注意ください。

※ご注意※
胃腸の弱い方など、まれに体質に合わない方もいます。はじめは量を少なくするなどして、徐々に試しながら摂取するようにしてください。




ホワイトチアシード販売ページ
チアシード商品一覧

関連コラム
カメリナオイルの魅力 話題沸騰中のえごま油について 芸能人愛用ココナッツオイル
亜麻仁油について知ろう ホワイトチアシードについて マヌカハニーについて
十六穀米について知ろう オリーブオイルについて  
このページのtopへ