西日本最大級の園芸センターを持つ国華園オンラインショップ

【お知らせ】メンテナンスによる一時サービス停止のお知らせ。
平素は「国華園オンラインショップ」をご愛顧いただきありがとうございます。
下記日程でシステムメンテナンスを行います。メンテナンス中はサイトの閲覧ならびに、ご注文手続きができなくなります。
メンテナンス終了次第サービスを再開させていただきますので、お客様には大変ご迷惑をおかけいたしますが、ご理解のほど何とぞよろしくお願い申し上げます。
◆メンテナンス予定時間:2018年11月20日(火)・13:00~14:15頃まで◆


大人気商品
販売終了間近
大人気商品
注文殺到中
新発売
ネット限定
 
注文殺到中
ネット限定
大人気商品
注文殺到中
新商品
大人気商品
かにポイント祭

商品カテゴリー

HOME> 用土・肥料 その他について知ろう!

用土・肥料はガーデニングの基本!


ガーデニングに欠かせないもの。
それは、何と言っても「土」ですよね。
植物や作物をきちんと育てるなら、土選びが非常に重要です。

理想とされているのは、やはり自然の中で作られる土。
枯れ葉や枯れ枝に加え、果実や虫の死骸などなど……。
こういったものがたくさん積み重なることで、理想の土は作られていくのです。

みなさんの中には、ガーデニングをする上でさまざまな土の種類を目にしたことがあるのではないでしょうか。

腐葉土や培養土、堆肥などがありますね。
初心者にとっては、それぞれどういった違いがあるのかもよくわからないと思います。

しっかりと植物や作物を育てるためにも、土の効果や違いについて知っていきましょう。



腐葉土


ガーデニング用品の腐葉土
腐葉土というのは、一番耳にする言葉だと思います。
これは、言ってしまえば自然界の土の一部。
植物・作物を育てる上では、かなり役立ってくれるでしょう。

では、腐葉土とは、一体どんな土のことなのでしょうか。
腐葉土は、植物や作物を育てる土を改善するための堆肥のことです。
土壌をどのように改善するのかというと、通気性や保水性、保肥性などを良くしてくれます。

もともと腐葉土は、腐植土と呼ばれることもあります。
腐植土というのは、秋・冬に枯れた葉っぱや枝が、長い年月を経て土状になったもののこと。

本来であれば、つまり自然界であれば、腐葉土が作られるのに大体1~2年ほどかかります。
バクテリアやミミズといった土壌生物によって、腐葉土は作られていくのです。

ホームセンターなどに売られている腐葉土は、人工的に約2ヵ月で作られたものです。
ただ人によっては、自分で腐葉土を作る人もいますよ。
生ごみやガーデニングの枯れ葉を外で発酵させて作ります。



培養土


ガーデニング用品の培養土
次は培養土についてです。
培養土には、大きく分けて花用と野菜用があります。
メーカー側が、それぞれの植物に合うように配合して販売しているものを培養土と言います。

基本的に培養土は、酸度が調整されています。
ですから新たに他のものを混ぜ合わせるといった作業は必要ありません。
つまり購入した状態のまま使用することができるというわけです。

また、培養土にもさまざまな種類があります。
その種類によって、内容物などは大きく違ってきます。

パーライト、バーミキュライト、ピートモスなどが腐葉土か堆肥に使われています。
他にも根腐れ防止剤や肥料が最初から混ぜられているものもありますよ。

使用する際の注意点としては、購入した状態のまま、何も混ぜずに使用するということです。
ここに赤玉土や鹿沼土などを加えると、酸度調整が崩れてしまいます。
その結果、植物の生育にも支障が出てしまうので気をつけましょう。



堆肥


ガーデニング用品の堆肥
堆肥と腐葉土の違いがよくわからない人は、少なくないようです。
堆肥と腐葉土の違いとしては、原料・発酵具合・見た目の3つに大別することができます。
腐葉土は、植物の葉っぱを原料としており、不完全に発酵させています。
一方、堆肥は動物の糞や樹木の皮、生ごみ、もみがらなどの有機物を原料にしており、完全に発酵させています。
このように、原料と発酵具合が大きな違いです。

見た目としては、腐葉土は葉っぱの形がある程度残っています。
堆肥は、土のように細かい見た目をしています。

よく間違えられるのが、腐葉土とバーク堆肥です。
この2つの違いがよくわからず、戸惑ってしまう人が割りと多いようです。
バーク堆肥に関しては、樹木の皮を原料としている堆肥のことを指します。

堆肥には、バーク堆肥のほかにも牛糞堆肥などがあります。
牛糞堆肥に関しては、そのまま牛糞を発酵させて乾燥させたものです。
このほかにも、鶏糞を混ぜた堆肥も存在します。



酵養土


ガーデニング用品の酵養土
腐葉土の一種としてあるのが、酵養土です。
新しい腐葉土とも言われており、上で紹介した腐葉土は少し違いがあります。

具体的には、落花生(ピーナッツ)の殻から作られた腐葉土です。
落花生の殻を特別製方で発酵・粉砕しています。
これが、新素材の土壌改良材となっています。

落花生の殻というのは、繊維質に厚みがあります。
そのため、保水性が高く、さらに土壌の通気や排水性も兼ね備えています。
こういったことに加えて、窒素が多く含まれているという特徴があります。
窒素は、植物の生育に欠かせないものです。

使用する際は、用土に10~30%混ぜ合わせます。
細かく粉砕されているので、用土にも混ぜ合わせやすいですよ。



ゼオライト


ガーデニング用品のゼオライト
ガーデニングにおいては、ゼオライトも使用すると良いです。
ゼオライトは、どういった効果があるのかというと、雑菌の繁殖防止効果があります。

基本的に鉢の底に入れたり、用土に混ぜ合わせたりして使います。
これによって根腐れの予防にも繋がります。

さらに水挿し発根させている水には、一握り入れておくことで水換えの頻度を減らすことも可能ですよ。

盆栽などの化粧砂用として、細かめの珪藻白土なども販売されています。
湿気があるかないかで、色が違ってくるので活用すると非常に便利です。



水苔


ガーデニング用品の水苔
水苔類は、ミズゴケ科ミズゴケ属の総称を言います。
多孔質の植物体なので、かなりたくさんの水を含むことが可能となっています。

水苔は、日本だけでも何と約40種類もあります。
ちなみに園芸用で使われているのは、オオミズゴケなどがほとんどです。
洋ランにおいては、ポピュラーな植えこみ材料です。

水苔の産地はさまざまですが、中でもニュージーランド産のものが高品質とされています。
太くて長いのが特徴で、通気性や保水性なども良いです。

市販されている水苔に関しては、基本的に乾燥して売られています。
そのため、使用する際は、まず軽く湿らせることが大切です。
また、等級があり、AA、AAA、AAAAなどに分けられます。

水苔にも、長所・短所が存在します。
長所としては、やはり保水性と通気性に優れているということ。
また植えこむ硬さに応じて、保水力を調節することが可能です。

硬く植えると乾きやすくなります。
反対に軟かく植えると乾きにくくなります。

短所としては、腐りやすいということが挙げられます。
そのため、1~2年で植え替えをする必要があります。
またその植え替え作業にも時間や手間を要するので、その点も短所と言えるでしょう。

使用する際の注意点としては、極端に乾燥させないことです。
極端に乾燥してしまうと吸水しにくくなってしまうので気をつけなければなりません。

水苔の戻し方についてですが、大きく分けて2パターンあります。
1つは、水に浸す方法で、もう1つは霧をかけながら広げて戻す方法です。

目安としては、手のひらでギュッと握って開いた時にフワッと戻る程度がベストな状態です。

可能であれば、この状態のままビニール袋などに入れて密封し一晩ほど寝かせましょう。
そうすることで水分が芯まで入り、適度な弾力が生まれます。



ココヤシチップ


ガーデニング用品のココヤシチップ
山では、春先に芽生えた木が暑い夏に水をあげるわけでもないのに育っています。
山の木が枯れない理由としては、落葉樹の落ち葉が表土をカバーしているからと言われています。

しかし落ち葉を拾ってきて、お庭に敷くのはなかなか大変ですよね。
そこで利用すると便利なのが、ココヤシチップというわけです。

ココヤシチップによって、大切な苗木を守ることができます。

ココヤシチップの効果としては、以下のようなものが挙げられます。

・雑草防止
・土壌乾燥防止
・地表温度の変化抑制
・地中の凍結防止
・病害虫予防



商品一覧

関連コラム
ガーデニング資材について アーチ・フェンスについて 用土・肥料 その他について
園芸便利グッズについて 鉢・プランターについて オーナメントについて
花台について 菊資材について ガーデニング用品について
コンポスターについて    
このページのtopへ