西日本最大級の園芸センターを持つ国華園オンラインショップ

大人気商品
販売終了間近
大人気商品
注文殺到中
新発売
ネット限定
 
注文殺到中
ネット限定
大人気商品
注文殺到中
新商品
大人気商品

商品カテゴリー

HOME> 胡蝶蘭の上手な育て方!

胡蝶蘭の育て方は他の花と変わらない

青い胡蝶蘭 胡蝶蘭だから何か特別な育て方があるのかと思いがちですが、これといって特別なことはありません。
他の花と同じように日の当たる場所に置き、毎日水をあげるだけできちんと立派に育ちます。
特別な肥料や植木鉢などは必要ないのです。
日の光と水やりを忘れず胡蝶蘭を育て自宅を華やかに彩りましょう。



胡蝶蘭の詳しい育て方

いくら胡蝶蘭と他の花と育て方が変わらないといっても心配な人はいると思います。
そこで大雑把な育て方の説明ではなく、日の光の当て方や温度調節など更に細かな胡蝶蘭の育て方をまとめました。

・日当たりが良く風通しの良い場所

胡蝶蘭に日光を当てるといっても直射日光は避けた方がいいです。
これは他の花も同じで、花は直接日の光に当たると枯れやすくなるため注意しなければなりません。
室内で育てるにしてもベランダには出さない、レースのカーテンや窓ガラスで直射日光を避けるなど工夫をして下さい。
また、風通しの良い場所に胡蝶蘭を置くことをおすすめします。
なぜなら、風が吹かない場所だと胡蝶蘭も酸素を取り入れて生きているため、呼吸が苦しくなり元気がなくなるからです。
ただ、風であれば何でもいいというわけではありません。
扇風機やエアコンといった風はNGです。
風の影響で葉や花が痛む恐れがあり、土が舞い周囲が汚れる可能性もあります。

・温度調節

胡蝶蘭が過ごしやすい温度は昼と夜で違っており、日が出ているお昼は25℃が適しています。
日が落ちた夜は15℃とお昼と夜で10℃ほど温度差があるのです。
いちいち温度調節するのが面倒だと感じますが、室内で育てるのであれば一定の温度を保てるため細かく調節する必要はありません。
冬場に寒くなりすぎないか、夏に25℃以上にならないか気にしておけば大丈夫です。
ただし、クーラーの風に直接当たる部屋で胡蝶蘭を育てることだけはやめて下さい。
胡蝶蘭が痛まないようクーラーが置いていない部屋で育てましょう。

・水やり

胡蝶蘭に水やりをする際に花と葉っぱ中心に水をあげていても意味はありません。
根っこに水を行き渡らせるためにも必ず根元に水をあげます。
水をあげは、1週間から10日に1回で十分です。
少なすぎると感じる人もいるとは思いますが、毎日のように水やりをすると受け皿に水が溜まり腐る原因になります。
上記の感覚で1株にコップ1杯分の水をあげましょう。
胡蝶蘭の育て方で失敗する大多数の原因が水やりで、良かれと思い1日1回水をやり枯らしてしまった、というケースです。
水をあげすぎると胡蝶蘭にとって苦しい環境になること覚えておいて下さい。

・胡蝶蘭のラッピングは外すべき?

自分で購入するよりプレゼントでもらうことが多い胡蝶蘭は、大抵綺麗なラッピングが施されています。
ラッピングが綺麗だからお洒落なインテリアを兼ねて飾る人もいるでしょう。
しかし、ラッピングをしたまま飾ると胡蝶蘭はすぐに枯れる確率があります。
包装されているため根っこが呼吸出来ずに蒸れやすく、そこから腐っていくからです。
プレゼントで貰ったラッピングされた胡蝶蘭は長く育てるためにもすぐに包装を外して下さい。

まとめ

見た目が綺麗で華やかな胡蝶蘭は意外にも他の花と育て方は変わりません。
直射日光には当てない、風通しの良い場所に置く、クーラーの風には直接当てないなど当たり前のことを守るだけで長く育てられます。
水やりで胡蝶蘭の育成に失敗する人が多いので、毎日のように水をあげることはやめて下さい。
自分で購入した胡蝶蘭でも、プレゼントの胡蝶蘭でも長く育てるためにしっかりと育て方をマスターしましょう。
このページのtopへ
高枝クーポン