西日本最大級の園芸センターを持つ国華園オンラインショップ

大人気商品
販売終了間近
大人気商品
注文殺到中
新発売
ネット限定
 
注文殺到中
ネット限定
大人気商品
注文殺到中
新商品
大人気商品

商品カテゴリー

HOME> 胡蝶蘭の意味と選び方

なぜ胡蝶蘭を贈るのか?胡蝶蘭を贈る意味とは

白い胡蝶蘭 お祝いや贈り物としてプレゼントされる胡蝶蘭。

最近ではミディ胡蝶蘭やミニ胡蝶蘭といった場所を取らないサイズのものから、色のバリエーションも増え、お値段も高価なものから手頃なものまで幅広く増えています。

品格と高級感を併せ持つ蝶蘭は、贈り物としても最適な鉢花として知られているので、「お祝いごとに贈る定番のお花」というイメージをお持ちの方も多いのではないでしょうか。

胡蝶蘭が選ばれる理由

人はなぜ祝い事や気持ちを伝えたい時に胡蝶蘭を贈るのか、胡蝶蘭を贈る意味についてご紹介したいと思います。

胡蝶蘭は見た目の優雅さや上品さに加え、長いものになると2カ月以上花が咲き続けますので、贈られた人は花を長く楽しむことが出来ますし、多年生植物であることから管理状態によっては毎年花を咲かせることも出来ます。胡蝶蘭を贈る意味には、花を長く楽しんでもらいたいという贈り手の思いが込められているのです。

また胡蝶蘭には「幸福が飛んでくる」「変わらぬ愛」と言った花言葉があり、鉢植意味えには「根付く」という意味があるので、胡蝶蘭の鉢植えは「幸せが根付く」と言った縁起の良い意味を併せ持つ贈り物になるのです。
これらの理由からウェディングや、開店祝い、開業祝いなどのお祝いをする機会には、胡蝶蘭が選ばれることが多いのです。

花を贈る際に気を付けておきたいこととして、花の「香り」や「花粉」の問題があります。

飲食店や病院などの人に対する影響を考慮しなければならない場所や、花を贈る相手の好みによっては花の匂いや花粉を嫌がる場合があるからです。

胡蝶蘭は、花の香りが少なく花粉の飛散が少ないため、あらゆるシーンに贈りやすい花だとされています。シーンを選ばない贈りやすさも胡蝶蘭が贈り物として選ばれる意味であり理由なのです。

胡蝶蘭の色による意味の違い

胡蝶蘭のよく見かける花の色として、ピンク色と白色の胡蝶蘭があります。

どちらの胡蝶蘭を贈っても贈り物として間違いにはなりませんが、胡蝶蘭を贈る意味には色によっても違いがあるのです。

白色の胡蝶蘭

白色の胡蝶蘭には、純粋・清純といった意味があり、結婚式や新築祝い、ビジネスシーンでのお祝いに用いられることが多くあります。

また、白い胡蝶蘭は白いお花であることとトゲがないことから葬儀にも用いられることもあります。

ピンク色の胡蝶蘭

ピンク色の胡蝶蘭は、「あなたを愛します」という言いを持ち、女性向けの贈り物として用いられることが多くあります。その一例としては、結婚記念日や母の日などがあります。

胡蝶蘭の株数やサイズで選ぶ

胡蝶蘭の売り場をみていると、「3本立ち・5本立ち」と書かれているものを見かけることがあります。

胡蝶蘭を贈る意味を考えた上で、「3本立ちがいいのか、5本立ちがいいのか」と悩まれる方もおられるのではないでしょうか?
そもそも、胡蝶蘭の3本立ちと5本立ちとはどういったものなのかというと、胡蝶蘭の株の数に差があるのです。3本立ちでは3株の胡蝶蘭が寄せ植えられており、5本立ちでは5つの株が寄せ植えられているのです。

胡蝶蘭の寄せ植えは容易な作業ではないため手作業で寄せ植えを行います。そのため、3本立ちよりも5本立ちの方が高額となるのです。

5本立ちの胡蝶蘭はビジネスシーンで贈られることが多く、付き合いの深い取引先や大手取引先などに贈ることがあります。

一般的なお祝いでは3本立ちの胡蝶蘭が定番だとされており、どちらを贈るか迷った場合には3本立ちを選ぶ事が無難であると言えます。

胡蝶蘭は3本立ちと5本立ちといった立ち数の差だけではなく、株や寄せ植えによってもサイズに差がありますので、胡蝶蘭を贈る際には贈り先で飾られる場所を考慮してサイズを選ばなければなりません。

置くスペースに合わせて、大輪のものを贈るのか、小ぶりのものを贈るのかを考慮し、贈るシーンによっては花の色を選び、胡蝶蘭を贈ることに意味を込めて気持ちを贈りましょう。
このページのtopへ
高枝クーポン