西日本最大級の園芸センターを持つ国華園オンラインショップ
ポイント5%還元201801122

※ポイントの獲得には、「国華園オンラインショップ」での 会員登録(無料)が必要です。 ※ポイントについて詳しくはこちらをご確認ください。


大人気商品
大人気商品
大人気商品
注文殺到中
新発売
セール中
 
注文殺到中
ネット限定
大人気商品
注文殺到中
新商品
大人気商品
かにポイント祭

商品カテゴリー

HOME> 贈る相手に合わせて胡蝶蘭を選ぼう

胡蝶蘭を贈る際にしっておきたい!お祝い毎の値段とは?

胡蝶蘭 胡蝶蘭をお祝いに贈ろうとお考えの方、どれ位の値段にすればいいのか胡蝶蘭選び方に困っておられませんか? 今回は、贈り物の定番ともいえる胡蝶蘭をお祝いの品として贈る際の値段や選び方について、確認すべきポイントをご紹介します。



胡蝶蘭が贈り物として人気の理由

お祝いの贈り物のお花として人気の高い胡蝶蘭ですが、なぜ贈り物として選ばれるのかその理由についてご紹介したいと思います。

まず人に贈り物を贈る際には、プレゼントの見た目も重要なポイントとなります。
胡蝶蘭の見た目についてですが、品のある華やかな花を咲かせる胡蝶蘭は、贈る人を選ばず、贈るシーンもあまり問わないことから、あらゆる場面で贈り物として選ばれやすい傾向があります。

日本人であれば、贈る花が持つ花言葉についても気にされる方も多いと思いますが、胡蝶蘭は「幸福が飛んでくる」という、贈り物として大変縁起の良い花言葉を持っているので、花言葉を気にされる方にも喜ばれる意味を持ちます。

また、「花」を贈る際に気になるのが花の持ちや水やりなどの花を受け取った後の手間ですが、胡蝶蘭は花もちが良いお花ですので1か月から3カ月ほど花を楽しむことも出来ます。 水やりについても、時期によっては2から3日に1回程度の水やりでちょうどよい場合もあり、水やりについてもあまり手がかかりません。

胡蝶蘭はお花であることから、花の香りの心配をされる方もおられますが、胡蝶蘭は花に香りがほとんどないため、置く場所を限定せずに済むというメリットもあります。

胡蝶蘭はお祝いの品としては値段がかかることもありますが、贈りものとしての高条件を満たしているため贈られる側のすい傾向があるのです。

個人も会社もぴったりな贈り物

胡蝶蘭は、贈る相手やシーンをあまり選ばないことから個人向けの贈り物としても法人向けの贈り物としてもピッタリなお花ですが、個人向けと会社向けでは胡蝶蘭をお祝いとして贈る値段についてはお互いの関係性やお祝いの種類によっても異なります。

胡蝶蘭をお祝いとして贈る値段については、個人向けの場合1万円位から3万円位が目安とされており、会社向けの場合は1万円以上から10万円以上となる場合もあります。

胡蝶蘭のお祝いの値段の差については、花の大きさや花の本数によって違ってきます。
胡蝶蘭の花の大きさは、大輪、中輪、小輪、と3種類に分類されており、大きいほど華やかになります。
贈る際に花本数について決まりはありませんが、平均的な本数は3本となっており、本数が多ければ多いほど見た目の豪華な胡蝶蘭を贈ることができます。

お祝いの気持ちを大きく表現したい時には花の本数が多いものを選ぶ事をおすすめします。

また、胡蝶蘭には花の色が複数あり、シーンによっては色を選ぶ必要があります。

会社向けのビジネスとしてのお祝いには、白の大輪、赤白のリップなどがよく選ばれます。

最近では、化粧蘭といって白い胡蝶蘭の花びらの上にテキストやイラストを印刷した胡蝶蘭が選ばれることもありますし、色も種類もサイズも選ぶ事が出来ます。

個人に贈る際には、白・赤・ピンクなど贈る相手の好みに合わせた花の色やサイズを選ぶと喜ばれますので、贈り先に会う胡蝶蘭を選びましょう。

鉢植えには「根が張る」という意味があり、胡蝶蘭を贈る際には鉢植えで贈られる方も多いのですが、置く場所によってはスペースの確保が難しい場合もありますので、贈り先に考慮してサイズを選ぶようにしましょう。

まとめ

胡蝶蘭のお祝いの値段は贈る相手との関係性や気持ち次第で上下します。

花の本数については、平均が3本だとされていますが贈る本数に決まりはありませんので、よりお祝いの気持ちを込めたい時には本数を増やして贈りましょう。

贈り先の胡蝶蘭を置く場所を確保することが出来れば、あとは贈り先に合うお花を贈るだけです。

胡蝶蘭のお祝いの値段は様々ですが、あなたの気持ちが伝わるよう、思いを込めて胡蝶蘭を贈りましょう!
このページのtopへ