西日本最大級の園芸センターを持つ国華園オンラインショップ

【平成30年7月豪雨による配送遅延のお知らせ】
このたびの「平成30年7月豪雨」により、被害にあわれました皆様に、心よりお見舞い申し上げます。
現在、大雨の影響の為、商品のお届けに遅延などが発生する場合があります。
お客様には大変ご迷惑をおかけいたしますが、ご理解のほど何とぞよろしくお願い申し上げます。

新発売
新発売
大人気商品
注文殺到中
大人気商品
新商品

商品カテゴリー

HOME> 温室の紹介

今、密かに話題のベランダ温室を利用して植物を元気に育てみませんか?




みなさんこんにちは! 
今、ベランダに温室を設置して、植物を元気に育てることが密かに人気を集めて話題になっているのはご存知ですか?
 
ベランダはお洗濯ものを干したりしますが、余った空間がもったいないですよね。
日当たりも良いので、ベランダでちょっとしたガーデニングをしている方も多いと思います。

そのベランダのガーデニングに新しくベランダ温室を設置してみませんか? 
今回はそんなベランダ温室のメリットやデメリット、そして魅力を紹介したいと思います。

みなさんもベランダ温室を始めて植物をもっと元気に育ててみませんか? 

ベランダ温室の効果

温室栽培

まず、初めにご紹介するのはベランダ温室をすることで得られる効果です。
ベランダ温室を有効活用することで、いったいどんな効果を得ることができるのでしょうか? 

ベランダ温室を有効活用することで最も大きな効果を得られるのは保温性です。
低い温度にデリケートな植物は通常冬を越させることができません。

しかし、ベランダ温室を有効活用することで、そんな植物を冬越しさせることができるのです。

冬越しさせることができるだけでなく、通常よりもすくすくと元気に育成させることができるようになりますよ。

他にも寒い季節でも、温度調節をうまく行えば、温かい空気を好み植物をもっと元気に育てることができるのです。

日当たりの良いベランダなら、ベランダ温室の効果を最大限に発揮させることができます。

ベランダ温室の種類

このように、ベランダ温室を利用すれば、今のベランダでのガーデニングに植物のバリエーションを増やしたり、いつもよりも元気に植物を育てたりすることができるのです。

いつものベランダガーデニングに新しい風を吹かせたい方や、もっと本格的にガーデニングをしたい方におススメですよ! 

ベランダ温室にはビニールタイプとガラスタイプの2種類があり、それぞれメリットとデメリットがあります。

ビニールタイプのベランダ温室は簡易的でどなたでもベランダ温室を始めやすい製品となっています。

低価格なので入手しやすく、また製品にもよりますが、軽いのでホームセンター等から持ち帰ることも可能です。

また、組み立ても簡易的なものなので、女性でも簡単に組み立てることができます。

では、ビニールタイプのベランダ温室にはどのようなデメリットがあるのでしょうか?  それは簡易的だから故の脆さです。

例えば、台風の日等の風の強い日には外に出しっぱなしにしていると、風をまともに受けてしまい、骨組みが破損してしまう可能性があるのです。

また、ビニールは通常のビニールよりも耐久度の高いものが使用されていますが、それでも劣化しやすいので気を付けなければなりません。

それでは、次にガラスタイプのベランダ温室を紹介します。
ガラスタイプのベランダ温室のメリットとデメリットを、ビニールタイプと比較して紹介したいと思います。

ガラスタイプのベランダ温室はビニールタイプと異なり、ガラスで丈夫な為、強い風に吹かれても破損しにくいのです。

また、ビニールと違い、ガラスが使用されている為、劣化しにくくなっております。
ベランダ温室の中も見やすく、インテリアとしても効果を発揮します。

しかし、ビニールタイプのデメリットを補えば、それ相応のデメリットが発生します。
ガラスタイプのベランダ温室は、第一に重いということが挙げられます。

大型のものになるとまず持ち帰ることは不可能です。
無理をせず宅配便で家に届けてもらいましょう。

そして、その丈夫さ故に価格が高い製品が多いということもあります。

両者ともにメリットデメリットがあります。
まずは簡易的なビニールタイプのベランダ温室を使用し、もっと本格的に温室を利用したガーデニングをしたいという方はガラスタイプに変えると良いでしょう。

ベランダ温室を利用して、育成する植物のバリエーションをもっと増やしてみましょう。
皆さんもベランダをもっと花や緑で彩りを増やしてみませんか?

温室特集ページへ
このページのtopへ