西日本最大級の園芸センターを持つ国華園オンラインショップ
ポイント5%還元20181213

※ポイントの獲得には、「国華園オンラインショップ」での 会員登録(無料)が必要です。 ※ポイントについて詳しくはこちらをご確認ください。

在庫一掃セールタイトル
メルマガキャンペーン
販売終了間近
大人気商品
大人気商品
注文殺到中
新発売
ネット限定
 
新発売
ネット限定
注文殺到中
新商品
大人気商品
大人気商品
かにポイント祭

商品カテゴリー

HOME> 温室の紹介

家庭用温室で野菜を育てる




皆さんは何か栽培したいものはありますか?家庭用菜園で育てるような手ごろなお野菜や、お庭やベランダでお花を育てたいなど、植物を育てたいという方はぜひこの家庭用温室を活用してみてください。

温室栽培をするために必要なものはずばりビニールハウスです。これを用意すれば誰でも手軽に小規模の菜園など実現することができます。ですが、ビニールハウスというと皆さん農家の方が使っているような大規模なものを想像してしまいますよね。

家庭用温室として使うようなビニールハウスはベランダなどでも使いやすい小型のビニールハウスなのでスペースがいるんじゃ…ということは気にしなくても大丈夫です。

家庭用温室向けビニールハウス

家庭様温室

まずは家庭用温室のためのビニールハウスですが、本当に大きなものから手ごろなサイズまで幅広くあります。ですから、値段に関しても高価なものは高価ですし、安価なものは安価です。

家庭菜園サイズなものなら1000円程度で買えるものですし、ラックのついた鉢植えなどを置くことができるタイプでも2000円程度で購入することができます。 大きな1坪クラスのものなら1万円以上するものだってあります。

材質や付属物の多さで性能も変わってきますし、料金も変わってきますので、初めからこだわりたい方はしっかり選び、気軽に始めたい方はシンプルで安価なものを選んでおきましょう。

家庭用温室のタイプ

家庭用温室を選ぶ際には、まずはお花や小規模な野菜を育てるようなプランター・鉢植えタイプか、ちょっとしたお庭に植える大きさの温室なのか選びましょう。

冬だけ気軽に使うのであればかぶせるだけで使えるような簡易なミニビニールハウスを購入しましょう。まず迷ったらこれを買ってから始めるという手もあります。

その際スペースを確保したいのならばラックのついたものを選んでおきましょう。ラックがあると、鉢植えなどの置き場が増えて便利ですよ。

1年中、ずっと使っていたいのならば、ミニガラス温室などおすすめですよ。見た目がすっきりとしますし、使い勝手もいいです。耐久性が高い面もガラス製のメリットですね。 窓がついているものもあり、窓を開閉することで夏でも空気を入れて温度の調整ができるのもビニールハウスにはない利点です。

最近はビニールハウスも形が豊富になり、円柱型の非常にスリムな型や縦に長くベランダに置きやすいタイプなどたくさんあるので、ぜひ色々調べてみてください。

家庭用温室で育てたい野菜

家庭用温室で何か育ててみたいけど、何を育てればいいか迷ってしまうという方に今回は初心者でも育てやすいおすすめの野菜をご紹介させていただきます。

初心者におすすめの野菜はずばり、ミニトマトです。 トマトは荒れ地でも育つ結構しっかりした強さのある野菜です。 ですから、少し手入れが雑であっても逞しく育ってくれるので、おすすめの野菜です。 ミニ種があるのも育てやすい点の一つですね。

育てる際には間違っても種から購入するのはやめておきましょう。 種から育てるのは初心者には管理など大変ですので、まずは苗から育てるのがおすすめです。もちろん慣れてくれば種から育ててみるのも楽しいと思いますよ。

根菜であればミニダイコンなどもおすすめですね。ダイコンは畑で作られているイメージが強いですが、プランターでもちゃんと育ってくれますよ。本格的な野菜を育ててみたいのならミニでないダイコンをプランターで育ててみても面白いかもしれませんよ。

スペースがないから家庭菜園は難しそうと思っていた方もこの機会に家庭用温室を活用して、小さな菜園をお庭やベランダに作ってみてくださいね。

温室特集ページへ
このページのtopへ