西日本最大級の園芸センターを持つ国華園オンラインショップ

【平成30年7月豪雨による配送遅延のお知らせ】
このたびの「平成30年7月豪雨」により、被害にあわれました皆様に、心よりお見舞い申し上げます。
現在、大雨の影響の為、商品のお届けに遅延などが発生する場合があります。
お客様には大変ご迷惑をおかけいたしますが、ご理解のほど何とぞよろしくお願い申し上げます。

新発売
新発売
大人気商品
注文殺到中
大人気商品
新商品

商品カテゴリー

HOME> チューリップの色と花言葉

チューリップの色で変わる花言葉の意味

色とりどりのチューリップの様子 皆さんはチューリップの童謡を覚えていますか?
「さいた さいた チューリップの花が ならんだ ならんだ あか しろ きいろ どの花見てもきれいだな」
幼稚園や小学校の頃に聞いたことがある人も多いのではないかと思います。

歌詞からもわかるように、チューリップには色がたくさんあり、どの色を見てもきれいだと感じられる素敵なお花です。今回はそんなチューリップの色と花言葉についてご紹介させていただきます。

チューリップの色

チューリップには本当に様々な色があります。メジャーな赤、黄、オレンジ、紫、白はもちろんのこと、緑や黒といった珍しい色も多数存在します。

人気なため品種改良が頻繁に行なわれ、色だけでなく模様もたくさんあり、赤と白のマーブルや赤と黄色など、様々な色の組み合わせも楽しめます。

珍しい緑のチューリップは白みがかった緑をしていて自然な色味が人気を博しています。野のお花といった可愛らしさがありますね。

そして、なんと言ってもチューリップといえば「赤」ですよね。
風車の周囲に広がる真っ赤なチューリップのお花畑をテレビや雑誌で見たことがある方も多いのではないでしょうか? 平地を覆うお花の絨毯は壮観な光景ですよね。

そんなチューリップには色ごとに違った花言葉が存在します。次は様々な意味を持った花言葉についてご紹介させていただきます。

チューリップの色

赤いチューリップ畑 チューリップには本当に様々な色があります。メジャーな赤、黄、オレンジ、紫、白はもちろんのこと、緑や黒といった珍しい色も多数存在します。

人気なため品種改良が頻繁に行なわれ、色だけでなく模様もたくさんあり、赤と白のマーブルや赤と黄色など、様々な色の組み合わせも楽しめます。

珍しい緑のチューリップは白みがかった緑をしていて自然な色味が人気を博しています。野のお花といった可愛らしさがありますね。

そして、なんと言ってもチューリップといえば「赤」ですよね。 風車の周囲に広がる真っ赤なチューリップのお花畑をテレビや雑誌で見たことがある方も多いのではないでしょうか? 平地を覆うお花の絨毯は壮観な光景ですよね。

そんなチューリップには色ごとに違った花言葉が存在します。次は様々な意味を持った花言葉についてご紹介させていただきます。

チューリップの花言葉

チューリップ全般を指す花言葉は「思いやり」「愛」「博愛」
これはオランダに伝わるお話が由来で、自分を慕う騎士たちへの少女の大切に思う気持ちから付けられたと言われています。

赤いチューリップは「愛の告白」 赤い情熱の色にふさわしい意味と言えますね。恋人に思いを伝える際に、1輪真っ赤なチューリップを贈るのも力強くて良いですし、鮮やかな赤の花束を贈るのも見栄えよくおすすめです。国によってはプロポーズの証に真っ赤なチューリップを贈る風習がある地域もあるみたいです。

ピンクのチューリップは「愛の芽生え」「誠実な愛」 赤の情熱的な告白とは違い、ピンクの淡い色と同様の淡い恋心を表した花言葉です。 可愛らしいので女性へのプレゼントにぴったりの色ですね。

オレンジのチューリップは「照れ屋」 普段は照れて言えないことをオレンジのチューリップに込めて贈るというのも1つの手ですね。照れ屋なあなたへという意味で贈っても面白いかと思います。

黄色いチューリップは「正直」「名声」 黄色い色のお花はチューリップに限らず、少し悲しい意味を持っていることが多いです。 ですが、童謡にあげられるぐらいきれいな色なので、花言葉が原因で渡せないとなると悲しいですよね。黄色いチューリップには正直というポジティブに捉えられる花言葉もあるので、あなたへの正直な気持ちをお花に込めますという意味で渡してみるとよいかもしれませんね。

紫のチューリップは「永遠の愛」 紫と言えば赤と青が混ざった色です。青いチューリップは残念ながらありませんが、「永遠の愛」は赤いチューリップの「愛の告白」に更に拍車がかかった愛の表現ですね。
赤よりも落ち着きのある色ですが、永遠という花言葉に赤よりも秘めた情熱が感じられますね。

白いチューリップは「失われた愛」「新しい恋」 失われたと聞くと悲しいイメージを持ってしまいますが、ただマイナスなだけではなく、終わりからまた始まりへと足を向ける意味を持った色なのです。
出会いがあれば別れがあるように、愛もまた失われては新しく生み出されるものだということを体現してくれているのかもしれませんね。

チューリップの花言葉には情熱的な愛の物語や切ない悲劇の伝説などから花言葉が付けられているものもありますので、興味のある方は是非調べてみてくださいね。
このページのtopへ